Ohnishi Laboratory

Department of System Design Engineering Keio University

English

研究業績リスト公開

大西研究室では、国際学会や国際論文誌を通じて研究成果を積極的に世界に向けて発表しております。 大西研究室の研究活動の詳細に興味をお持ちの方のために、大西研究室の投稿論文と学会発表の業績リストを公開しております。
こちら よりご覧ください。

主な研究内容

将来、個人の身体性に基づいた行為支援を実現するためには、視覚・聴覚情報技術に加えて触覚情報技術の発展が大変重要なものとなります。 そのため,未来の日常社会で広く考えられる接触行動とそれによる人間支援を実現するためのキーテクノロジーの研究を行っています。

プレスリリース

無線で力触覚を伝える
「フォース トランシーバー」
の開発に、世界で初めて成功

詳しくはこちら
プレスリリース全文は、以下をご覧ください。 PDF


平成25年度〜 科学研究費補助金(基盤研究(S))

詳細

What's New


大西 公平 教授

1985年電気学会論文賞、1996年精密工学会賞、2001年IEEEフェロー、2003年日本機械学会フェロー、2004年EPE-BEMC Council Award、2004年IEEE Dr.-Ing Eugine Mittlemann Achievement Award、2012年日本学術会議会長賞、福澤賞などを受賞。現在、IEEE IES Senior Past President、IEEE Fellow Committeeを兼任。主な著作に、「制御工学の基礎」(丸善)、"Recent Advances in Motion Control" (日刊工業新聞社)など。

専門は電気電子工学。中でもパワーエレクトロニクス、モーションコントロール、ロボティクス、ハプティクスなどの研究に従事している。

item1
1980年東京大学大学院工学系研究科
電気工学専門課程修了(工学博士)
現在、慶應義塾大学理工学部
システムデザイン工学科教授


 

The first classic paper about disturbance observer

Kiyoshi OHISHI, Kouhei OHNISHI, and Kunio MIYACHI

TORQUE - SPEED REGULATION OF DC MOTOR BASED ON LOAD TORQUE ESTIMATION METHOD

JIEE/1983 INTERNATIONAL POWER ELECTRONICS CONFERENCE, IPEC-TOKYO, TOKYO, JAPAN, 27th Mar - 31st Mar

item1

LEARN MORE